Philinn
Имитирую сарказм
Продолжение текста про сезон дождей

ではこの梅雨、日本列島ではどうして起きるのでしょう。

 この時期、日本のずっと南の海、赤道の辺りでは、海水が太陽に暖(あたた)められ蒸発(じょうはつ)します。
 空気も一緒に暖められて軽くなり、水分をふくんだ湿(しめ)った空気が、高く上がっていきます。

 湿った空気は上空で冷やされて、中の水分が外に出て、それが雲になります。

 水分を出した空気は、冷やされて重くなり、今度は下に降りていきます。

 空気のあるところに空気が降りてくるので、空気のツブツブがいっぱいになります。
 空気がぎゅうぎゅうに集まっているところが「高気圧(こうきあつ)」です。
 高気圧は、空気がいっぱいあるので、外に向かって空気を吹き出しています。
 高気圧のうち、太平洋にできるのを太平洋高気圧といいます。
 南のほうでできるので、この高気圧は暖かくて湿った空気を吹き出しています。

 一方、北のほうには別の高気圧があります。
 北の海、オホーツク海でできるのでオホーツク海高気圧といいます。
 北の海にできるので、こちらは冷たくて湿った空気を吹き出しています。

 この2つの高気圧から、吹き出す冷たい空気と、温かい空気がぶつかります。するとどうなるか。
 冷たい空気と暖かい空気は、行き場所がなくなって高く上がります。
 高く上がった空気は、そう、雲になりますね。2つの空気がぶつかっているところに、長い雲の(おび)ができるのです。この雲が、雨を降らせるもとになります。

 この時期、この二つの空気が日本列島の上空でぶつかり、同じくらいの力でお互いに押し合います。
 すると、ぶつかった部分が動かなくなります。
 だから日本列島で、長い間雨が降るのです。これが梅雨です。

 この雲の帯のことを、梅雨前線(ばいう ぜんせん)といいます。雨の降る場所が、線のようにのびているので、こう言います。

 しかし、雨を降らせるのは、それだけではありません。
 この時期日本列島には、西の方から湿った空気が吹き込んでくることが多いのです。
 梅雨前線に向かって、湿った空気が入ってくるので、西日本を中心に、降る雨の量がさらに増えるのです。
 きのうから今日にかけて、九州で特に雨が多いのは、こういった理由からです。





列島

れっとう

архипелаг

赤道

せきどう

экватор

蒸発

じょうはつ

испарение

湿る

しめる

промокать, увлажняться

上空

じょうくう

высоко в небе

つぶつぶ

крупицы, частицы, капли

ぎゅうぎゅう

плотно упакован, плотно спрессован

高気圧

こうきあつ

зона высокого давления

太平洋

たいへいよう

Тихий океан

ぶつかる

сталкиваться

おび

пояс

梅雨前線

ばいうぜんせん

сезонный фронт дождей


1) なりформа от なる. Способ связи простых предложений в сложносочиненное предложение. На стыке предложений глаголы ставятся в форму на ~い (вторая основа), частица です ставится в форму で (после существительных и полупредикативных прилагательных. 固い表現. Употребляется на письме или в официальных речах, докладах.

2)ように Похожий на.

二月なのに、春のように暖かい。Февраль на дворе, а тепло как будто весна.


@темы: текст, страны, список лексики, NHK, 3 уровень